探偵業法について

探偵業の業務の適正化に関する法律
(平成十八年六月八日法律第六十号)

第一条  この法律は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の運営の適正を図り、もって個人の権利利益の保護に資することを目的とする。

探偵業法が制定される以前の探偵はだれでも名乗ることができる職業でした。当然アウトローな業者も存在し、それが問題視され探偵業法の制定に至りました。しかし、現在でもアウトローな業者は存在します。

例えば、「別れさせ屋」です。 これらの工作をする探偵や、それに準ずる行為をする探偵、またその依頼を引き受ける探偵は違法であり、真っ当な探偵業者ではないでしょう。

 

http://blue-research.jp/